OVer EXtension
テクニカルスクウェア
Carbon fiber_____炭素繊維

開繊糸の優位性
炭素繊維の開繊糸を用いた開繊糸織物には以下のような優位性があります。
従来の炭素繊維織物 開繊糸を使用した炭素繊維織物
繊維束
●繊維束が太く、表面の凹凸が大きい
●繊維束の屈曲により強度低下
●樹脂含浸性が悪く、層間はく離しやすい
●薄く・軽く・凹凸が少なく、織角度が小さい
●樹脂含浸性に優れ、層間はく離しにくい
●疲労特性が高い物性値を示す
積層板
従来の炭素繊維織物(3K)を用いた積層板は樹脂リッチな部分が偏在しています。
炭素繊維開繊糸織物を用いて作製した積層板は樹脂と炭素繊維が均一に分散しており、機械強度が向上します。
従来織物の積層板は,トランスバースクラックが発生して層間はく離しやすい。
開繊糸織物を使用した積層板は,トランスバースクラックが発生しにくくなり、層間はく離しにくいため、疲労強度が向上します。
下記の文献において薄層化したCFRP積層板の静的引張り・圧縮特性、CAI特性、疲労特性等、さまざまな特性において薄層化の優位性が示されています。
@多方向強化複合材料積層板の層内樹脂割れ解析手法の提案
影山、加藤、安部、日本複合材料学会誌,28,1,(2002),11-20
AThe Improved ply cracking resistance of Thin-ply Laminates
Yamaguchi, Hahn, (2005),ICCM-15 CD-ROM
BExperimental characterization of strength and damage resistance properties of thin-ply carbon fiber / toughened epoxy laminates
Composite structure 82 (2008) 382-389
C薄厚層を有する高靭性CFRP積層板の面外衝撃損傷挙動及びCAI特性
横関、青木、小笠原、日本航空宇宙学会論文集Vol.55 No.643, 382-395,(2007)
D多方向強化複合材料積層板の初期破損に関する層厚さの影響
笹山,川邊,友田,大澤,影山,小形,日本複合材料学会誌,30,4,(2004), 142-148
EExperimental studies of thin-ply laminated composites
Sangwook shin, Ran Y. Kim, Kazumasa Kawabe, Stephen W. Tsai Composites Science and technology 67 (2007) 996-1008
F炭素繊維強化プラスチック複合材料クロスプライ積層板の損傷進展プロセスに関する研究
東京大学博士論文 荻原慎二
G結合力要素法による薄層CFRP直交積層板のき裂進展抑制メカニズムの検討
竹内、斎藤、金原、日本複合材料学会誌 VOL 38,No.1,30-37(2012)
2012年度 日本複合材料学会「林エンジニア賞」を受賞いたしました。
2012年5月29日、東京大学山上会館にて、受賞講演会が
行われました。
受賞者 :サカイオーベックス株式会社
     テクニカルセンター 複合部材開発グループ 竹内博紀

受賞業績:「結合力要素法による薄層CFRP直交積層板の
     き裂進展抑制メカニズムの検討」
開繊糸の優位性 開繊糸・開繊糸織物 プリプレグ・セミプレグ
SAKAI OVEX 炭素繊維INDEX お問い合せ
サカイオーベックス株式会社 HOME http://www.sakaiovex.co.jp
〒918-8530 福井市花堂中2-15-1 Tel (0776)36-5823